サイトM&Aについて

サイトM&Aのメリットとは

サイトM&Aとは、個人や企業が運営するウェブサイトを一つのコンテンツとして捉え、サイトそのものを商品として売買することを指す言葉で、サイト売買とも呼ばれます。サイトを購入する側のメリットとしては、すでに完成したサイトが短期間で手に入ることが挙げられます。通常、ウェブサイトを立ち上げ、実際にユーザーが利用可能になるまでには多くのコストや時間が必要です。サイトM&Aを利用すれば、費用はかかるもののコンテンツ制作にかかる労力を大きく削減することが可能です。サイトを売却する側としても、何らかの事情でサイトを手放す必要がある場合にお金に換えることが可能となる利点があります。複数のサイトを運営しているような場合では、アクセスが伸び悩んでいるサイトを売却し、他のサイトの運営に集中するような活用法も存在します。

サイトM&Aのデメリットについて

ウェブサイトは無形の資産であるために、売り手と買い手の間で条件の調整が難しくなりがちなことがサイトM&Aの欠点です。売買には専門知識や法律の知識も必要となるので、売買仲介業者を通して行われることが多いです。サイトM&Aでは時間をかけることなく完成したサイトを手に入れることができますが、運営に関する自由度が低いことがデメリットとして挙げられます。すでに完成されているサイトの方針を変えてしまったことでユーザーが離れてしまうリスクが生じるために、大規模な変更は慎重に行うことが重要です。サイトの売り手には競業禁止義務が設定されるケースがあり、売却後は同じ内容のサイトを作ることができなくなります。しかし、サイト運営のノウハウを活かして異なるサイトを立ち上げるといったことは可能です。